一番星倶楽部会員サービス

会員登録する

ログアウトMy ページ
LOGISTICS NEWS 検索

LOGISTICS NEWS一覧

  • 自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線 国交省 小口貨物を転換 具体的方向性を今夏提示 想定ルート 物流拠点間なども検討

    自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線 国交省 小口貨物を転換 具体的方向性を今夏提示 想定ルート 物流拠点間なども検討

    国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。
    2034年の実運用を目指し検証…。
  • 自民物流調査会、24年問題「解消不十分」 対応へ予算確保要請 骨太方針で重要施策に 適正運賃収受「道半ば」

    自民物流調査会、24年問題「解消不十分」 対応へ予算確保要請 骨太方針で重要施策に 適正運賃収受「道半ば」

    トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。
    こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…。
  • 陸運大手9社/前期、5社が最終減益 宅配・特積み振るわず 今期 8社が増収増益見込む

    陸運大手9社/前期、5社が最終減益 宅配・特積み振るわず 今期 8社が増収増益見込む

    陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。
    物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…。
  • ジャパントラックショー、過去最大規模の156社出展 トラック大手4社 EV展示や乗車体験 架装・用品関連もにぎわい

    ジャパントラックショー、過去最大規模の156社出展 トラック大手4社 EV展示や乗車体験 架装・用品関連もにぎわい

    日本最大のトラック関連総合展示会「ジャパントラックショー」が9~11日、パシフィコ横浜で開催された。
    2016年の初開催以来4回目となり、トラックメーカーや架装、部品・用品、車載品、ソフトウェア関連などの様々なトラック・…。
  • ロジスティード、アルプス物流をTOB 8月メド 完了後に非公開化

    ロジスティード、アルプス物流をTOB 8月メド 完了後に非公開化

    ロジスティードは9日、アルプス物流に対して8月中旬をメドにTOB(株式公開買い付け)を実施する、と発表した。
    TOBの完了後、アルプス物流を非公開化する。
    買収に掛かる費用は1051億円程度と見込んでいる。
    直近の売上高はロ…。
  • 花き類長距離輸送、「新潟で中継」有望視 延べ拘束時間18%減 東北―関西で輸送実証 新潟中央卸売市場 温度管理設備の増強課題

    花き類長距離輸送、「新潟で中継」有望視 延べ拘束時間18%減 東北―関西で輸送実証 新潟中央卸売市場 温度管理設備の増強課題

    「2024年問題」で輸送能力の低下が指摘される中、花き類の長距離輸送の中継地として新潟に注目が集まっている。
    新潟花き中継拠点化検討協議会(玉木隆幸代表)は、1月から2月にかけて沖縄産の菊を大阪から仙台へ中継する輸送実証…。
  • 多重下請け構造是正、取引「2次」まで制限へ

    多重下請け構造是正、取引「2次」まで制限へ

    物流業界の多重下請け構造は、適正取引を阻害する要因として長らく問題視されてきた。
    通常国会で審議中の貨物自動車運送事業法の改正案では、元請運送事業者に、実運送事業者の社名などを記載した「実運送体制管理簿」の作成義務化を明…。
  • 愛媛/傭車費用急上昇、「運賃1.5倍」元請けに要請 パレットが手積み並み 標準的運賃には及ばず コロナ背景に値上げ遅れ

    愛媛/傭車費用急上昇、「運賃1.5倍」元請けに要請 パレットが手積み並み 標準的運賃には及ばず コロナ背景に値上げ遅れ

    「2024年問題」が本番に入ったことを示すように、傭車費用が急上昇している。
    運賃の設定基準は一律ではなく金額も様々だが、愛媛県の元請運送会社が1.5倍に近い値上げを協力会社から要請されたケースもある。
    標準的な運賃には遠…。
  • 輸出航空貨物23年度18%減、統計開始以来「最低水準」 反動減や景気縮小響く 関係者 「今後は回復」見通し

    輸出航空貨物23年度18%減、統計開始以来「最低水準」 反動減や景気縮小響く 関係者 「今後は回復」見通し

    航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた2023年度の航空貨物輸出量(混載)は、22年度比18.2%減の75万9419㌧だった。
    JAFAが統計を始めた1998年以降、最低の水準を記録した。
    新型コロナウイルス…。
  • 特定技能「自動車運送」追加、研修・生活支援高コスト? 外国人雇用 過度の期待望めず 5年間で2万4500人見込む 大多数がトラックの公算

    特定技能「自動車運送」追加、研修・生活支援高コスト? 外国人雇用 過度の期待望めず 5年間で2万4500人見込む 大多数がトラックの公算

    政府は、外国人在留資格の「特定技能」の基本方針などを一部変更し、バス、タクシー、トラックの3職種で構成する「自動車運送業」など4分野の追加を正式決定した。
    5年間で3職種を合わせ2万4500人の受け入れを見込むが、特定技…。
  • 運輸労連/労使懇、持続可能な物流へ連携 春闘 昨年を大幅に上回る

    運輸労連/労使懇、持続可能な物流へ連携 春闘 昨年を大幅に上回る

    運輸労連加盟の大手物流事業者の労使による懇談会(全国単組労使懇談会)が12日、東京都で開催された。
    トラックドライバーの時間外労働上限規制が適用され、物流の持続可能性が最大課題となる中、労使が連携して課題解決に取り組んで…。
  • アイオイシステム、物流DXをコーディネート 共通基盤ソフト開発 RFIDタグで現場改善

    アイオイシステム、物流DXをコーディネート 共通基盤ソフト開発 RFIDタグで現場改善

    アイオイ・システム(吉野豊社長、東京都品川区)は2024年度、TOPPANグループのシナジーにより、正確なピッキングを支援するデジタル表示器やプロジェクターの販売にとどまらず、WMS(倉庫管理システム)の開発や各種情報…。
1391件中 1~12 件表示